家づくりの「諸費用」にまつわるギモンにお答え!

家は人生で一番大きな買い物と言われますが、住宅購入の際は建物や土地以外にも色んな費用が発生するのをご存知でしょうか。この諸々かかる費用は一般的に「諸費用」と呼ばれ、住宅ローン借入に関する費用や保険料などが含まれます。今回は気になるお金の話の中でも、諸費用について深堀をいたします。

■諸費用には何が含まれるの?

ざっくりした名称の諸費用ですが、具体的にどんなものが含まれるか気になりますよね。諸費用の一例として、下記のような項目が挙げられます。

・印紙税
・登記費用
・固定資産税
・不動産取得税
・火災保険、地震保険料
・住宅ローン借入に関する費用(融資手数料、登記費用、保証料など)

土地を別の不動産会社で購入した場合は仲介手数料が発生しますし、建て替えの場合は元の家を解体する解体費用もこちらに含まれます。その他にも上下水道やガスの引き込み費用、地鎮祭や棟上げ費用など様々なお金が諸費用としてかかってきます。(※住宅会社によって内容は異なります。詳細な諸費用の内容は建築予定の住宅会社様へおたずねくださいませ。)

■諸費用を住宅ローンに組み込むことは可能?

このように諸費用は項目が多く、かかる金額も意外と高額になってきます。諸費用の金額に関しては借入される住宅ローンの金額によって手数料価格が変わるため、それぞれのお施主様によって異なります。

家づくりは建築費用以外にも、引っ越し費用、家具や家電の新調や追加購入などと何かとお金がかかります。出来れば諸費用の一部だけでも住宅ローンに組みこめたら助かりますよね。

本多工務店ではご希望があれば、諸費用をローンに組み込むことも可能です。(※地鎮祭・棟上げの費用など一部の費用に関しては別途ご用意いただきますことご了承お願いします。)

住宅購入の中でも、皆さん気がかりなのが資金計画。数十年かけて払うローン費用、大切な資金計画は当社ではお金のプロと一緒に計画をするのでご安心くださいね。ご不安なことなどがあれば、お気軽にご相談いただければと思います(^^)

関連記事▼
家づくりの資金計画はプロに任せて安心 https://honda-k.com/2022/05/9861

関連記事

最近の記事

PAGE TOP