教えて社長!勾配天井の良さは?

こんにちは。本多工務店の広報担当です。
当社の手掛けるおうちは平屋も多く、天井を勾配天井に仕上げることもよくあります。あえて勾配天井にするのはどういう理由があるのか、社長に尋ねてみました。

■変化が生まれ、空間を広く見せる

広報担当:最近の施工事例では勾配天井のおうちが増えてきた印象ですが、勾配天井の良さはどういうところにあるのでしょうか?

社長:勾配天井の良さは変化を楽しめるところですね。勾配をつけることで空間に変化が生まれて、いいアクセントになります。天井の梁を見せたり、木目を張ったりなどデザイン性に富んだ空間づくりもできます。勾配があると部屋の奥行きがなくても、前方がぎゅーっと絞られて見えるので目の錯覚によって、空間を広く感じやすいのもメリットですね。

広報担当:確かに! 勾配があることで一部の天井が高くなっているのは事実ですが、目の錯覚でもお部屋が広く感じますね。開放感のある空間は視界がのびやかに開けて気持ちいいですね。

社長:そうですね。勾配天井は平屋のおうちの天井なので、お庭など外との繋がりを持てる開放感のある空間づくりができるのも魅力ですね。お庭とリビングに連続性を持たせ一体となった空間をコーディネートできるのは平屋の勾配天井ならではの利点です。

■二階建てであれば吹き抜けに

広報担当:二階建てのおうちでも勾配天井を取り入れることは出来ますか?

社長:二階建てではリビングを勾配天井にするのは構造上難しいケースが多いですね。二階建てで開放感のある空間を作りたいのであれば、勾配天井よりも吹き抜けがおすすめです。エアサイクルの家は断熱性能に優れているので、吹き抜けを採用しても夏・冬ともに快適に過ごせますよ。

広報担当:なるほど! 空間を広く感じさせるには勾配天井だけでなく、吹き抜けという手もありますね。おうちの構造によって空間を広く開放的に見せる方法は変わってくるんですね。

平屋のおうちの表情をより豊かに、空間を広く見せる勾配天井。わが家にも取り入れてみたい! という方はお気軽にご相談くださいね(^^) 

関連記事

最近の記事

PAGE TOP