光色を使い分けて心地よい暮らしへ

こんにちは。本多工務店の広報担当です。
皆さんは普段おうちで過ごしている時に点けている照明の色は何色ですか? 今回は照明の色に着目しながら、あかりの使い分けのお話をいたします。

■それぞれの光色の違いは?

住宅で主に使われる照明の光色は3種類あり、温かみのある電球色、明るく白っぽい昼白色、このふたつの中間色の温白色が用いられています。注文住宅であれば、お好みや生活シーンに合わせてあかりの色を配置することができます。

電球色
オレンジ色がかった温かみのある電球色は、リラックスしたい空間におすすめです。就寝前やくつろぎのひととき、食事の時間などです。飲食店で電球色の照明が用いられることが多いのは、食事が美味しそうに見えるだけでなく、リラックスした空間づくりをするためなんですよ。

昼白色
爽やかで白っぽいあかりの昼白色は作業をする空間にぴったりです。電球色はオレンジがかった光色のため色や汚れなどの判別が難しく、お料理や化粧をする時、掃除をする時などの作業時は明るい昼白色がおすすめです。昼白色は明るく目が覚めるので仕事や勉強のスペースにも多く使われています。

温白色
電球色と昼白色の中間色の温白色は自然な明るさの光色です。暖かい光色が好きだが電球色だと暗すぎるという方や、爽やかで明るい空間にしたいが暖かさも欲しいという方にはおすすめです。ニュートラルな温白色はLDKはじめ様々な空間で使いやすく、ここ近年は特に人気の光色です。

■心地よいと感じる光色は人それぞれ

ゆっくり過ごしたい寝室や和室は電球色にして、それ以外のお部屋はすべて温白色にする。といったように使用する用途やお部屋によって光色を変えることができます。自分の快適だと感じる空間によって、照明を変えてコーディネートできるのも注文住宅ならではのメリットです。

あかりの好みや感じ方は元々育ってきた環境や好みに大きく左右されるので、どの光色で過ごすのが心地よいかをご家族間でお話して選んでみてくださいね。光色に迷う時や、どの色を選べばいいか分からない時などはお気軽にお声かけくださいね。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP