注文住宅と建売住宅で悩まれている方へ伝えたいこと

こんにちは!本多工務店です。
一軒家がほしい!となった際に色んな選択があると思います。そのなかでも、コストや自由度の中から比較してしまう「注文住宅と建売住宅」について、お話していきます。

■注文住宅であれば、家づくりの過程をきちんと確認できる

注文住宅はその自由さや好きなものを選べる点に注目されがちですが、家を作る過程をみることができるのもポイント。建売住宅は、既にできあがった家を買うことしかできないため、構造や断熱などは確認することができません。特に建売住宅はコストを重視して建てられることが多いため、注意が必要です。注文住宅であれば、設計からお引き渡しまでいつでも確認しながらできるので、我が家の完成を楽しみながらしっかりチェックもできます。

■イメージと違った!が起こる可能性もある

注文住宅のデメリットは、コストがかかる以外にも実はあるのです。それは、一般の人には仕上がりのイメージがつきにくく、建ってからイメージが違ったというケースがあること。建売住宅であれば仕上がったものだけを見て決めるので、その心配はありませんよね。
しかし、本多工務店では、お客様が立体的にイメージできるように事務所の大きなモニターでパースをお出ししたり、模型を製作してご提案しています。イメージに近い、理想のおうちに仕上がるはずです♪

自由度高く、安心して長く住み続けられるおうちを建てたい方には、注文住宅がぴったり。イチから家づくりを考えていく楽しさを味わってほしいです♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP