エアサイクルの家が暖かい理由

前回のブログではやや脅し気味に(笑)ヒートショックの危険性についてご紹介しました。危ないですからね、皆さんに知っておいてほしいな~という思いからですよ! 今回は対策や暖かいおうちについてのお話です。

■ヒートショックを防ぐポイント

前回お話しました通り、ヒートショックは急激な温度差によって引き起こされます。そのため、ヒートショックを防ぐためにはなるべく室内間の温度差を少なく保つことが重要です。

寒~い脱衣室やトイレであれば、暖房を置いたり、浴室であれば浴室暖房をつけるのが確実な対策です。入浴時の注意点としては、入浴前後に水分補給をしっかり行うこと、急に湯船に入らず身体を慣らしながら入浴することが血圧の乱高下を防ぐポイントです。

■暖気がおうちをぐるっと包んでポカポカ

室内の温度差をなくすことは、ヒートショックのリスクを軽減させるだけではなく、おうちの中を快適に過ごすための重要なファクターです。本多工務店の手掛けるエアサイクルのおうちは、冬でもぽかぽか温かなおうちです。

エアサイクルのおうちは壁の中に空気の層があり、ぐるっとおうちを包んでいます。冬は暖房をつけたり生活熱が発生することによって、熱が壁を通って空気層を温めます。その温まった空気層によっておうちを包むことで、冬は暖かさを保持します。生活熱によって空気が温まるので、暖房に頼らなくとも暖かく過ごせる、パッシブソーラーのおうちなんです。

空気層にプラスして、熱の損失が少ない断熱工法を採用しているため、ダブルで安心! 安定した室内環境で毎日を過ごすことができます。詳しく知りたい方はエアサイクルの資料もご用意しているので、お気軽にお声かけくださいね。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP