平屋か2階建てか?

やっと梅雨明けしましたね!

今回は梅雨が長く、6月に着工した現場が雨の影響で基礎工事がひと月もかかってしまいました・・・。

雨で中断中の現場

さて、最近では平屋を希望されるお客様が増えてきてます。平屋の利点として

  • バリアフリー化に対応しやすい
  • 生活がしやすい
  • 家族のコミュニケーションがとりやすい
  • 地震に強い

などなど、メリットが多いですね!
それでは反面、デメリットは?

  • 広い土地が必要
  • 屋根、基礎の予算が2階建てより余計にかかる
  • 家が大きくなることで建物の中心部に日当たりを確保しにくい
  • 防犯対策を多く必要とする
  • プライベートの確保が難しい

などがあります。

1.広い土地・・・
 車社会の長崎県では2台以上の駐車場をご希望されるお客様が多く、形状にもよりますが、60坪以上の敷地が必要になります。
 また、南玄関となる敷地ではリビングの前が駐車場にとられてしまいがちです。

2.屋根・基礎の予算が余計に・・・
 2階建てと比較するとどうしても屋根・基礎が大きくなります。その分建築費もかさみ割高となります。

3.建物の中心部に日当たりを確保しにくい・・・
 これは設計の工夫でクリアすることは十分可能ですが、やはり多少広めの敷地が必要になります。

4.防犯対策・・・
 敷地ギリギリに平屋を建てるとどうしても家の周りが狭くなり、周囲の状況次第では目が届きにくい窓など、防犯上不利な部分が出てきますので対策を考えねばなりません。

5.プライベートの確保が難しい・・・
 最近の間取りではLDKを中心とした間取りになりますが、各個室に直接LDKからアプローチすることとなりプライバシーの確保が難しくなります。
 これも心理的な結界(わかりにくいですが(笑))をつくり、各個室のプライバシーを確保することもありますが、その分家が広くなります。

6.おまけ・・・
 やんちゃな子供を持つと夜に窓から遊びにでてしまったり、友達が窓から出入りする(笑)。
 これは私の子供のころの話ですので皆さんには関係のないことかも…(;^_^A

などなどデメリットの理由を考えてみました。

それでもやはり平屋の住みやすさ、家族構成の変化への対応のしやすさのメリットに惹かれます!

 平屋の場合、これまでの2階建ての間取りと少し考え方を変えた方が良いと感じています。それは

できるだけコンパクトな間取りにする

ということです。これまでのLDKは〇畳以上、子供部屋は〇畳以上、寝室は・・・などの考えを少し変えて、その空間でどのように暮らし、必要最低限の人の居場所を確保して、心理的なスペースの広がりを考えていくという事です。

こうすることでただ広いだけの平屋にならない工夫ができるでしょう。
平屋をご希望されるときにはぜひご相談ください!

さて、さて、梅雨明けと同時に一気に基礎工事が進み、やっと棟上げの日程も確定しました!

本日8/1の様子

来週8/3に上棟します!構造見学会は8月末頃の予定です!
今回は子供室のみ2階にあげたお宅となります!平屋を検討する際の考え方の参考にもなると思いますので、ぜひ弊社HPでの告知をお待ちください!!

関連記事

  1. 桜が咲いた
  2. 焚火
  3. 木造建築のすすめ
  4. ZOOM打合せ

最近の記事

  1. ニュースレター
PAGE TOP