【2024】住宅省エネ2024キャンペーン【補助金情報】

2024年の補助金情報

住宅省エネ2024キャンペーン

住宅省エネ2024キャンペーンは、経済産業省、国土交通省、環境省の3省連携により住宅の断熱性の向上や高効率給湯器の導入等の住宅省エネ化を支援する4つの補助事業の総称です。

2023年の同様の事業よりも予算額が増額しており、大型の補助金となっています。
リフォームの場合、工事の内容により「子育てエコホーム支援事業」「先進的窓リノベ2024事業」「給湯省エネ2024事業」3つの併用も可です。

リフォームにも新築にも使える補助制度。
子育て世帯・若者夫婦世帯が既存住宅を購入してリフォームを行う場合は最大60万円/戸補助されます。

リフォームの場合の補助対象と補助額


既存住宅を購入しリフォームを行う場合
最大60万円

長期優良リフォームを行う場合
最大45万円

上記以外のリフォームを行う場合
最大30万円


長期優良リフォームを行う場合
最大30万円

その他のリフォームを行う場合
最大20万円

対象期間

2023年11月2日以降の工事
交付申請期間は2024年3月中下旬~予算上限に達するまで

対象となるリフォーム工事

例えば・・・

  • 内窓の設置
  • 外窓の交換
  • ドアの交換
  • 節水型トイレ、高効率給湯器、高断熱浴槽などへの交換
  • ビルトイン食洗器、浴室乾燥機、宅配ボックス
  • 手すりの設置、段差解消

などの工事が対象となります。


高断熱な窓やドアのリフォームが最大50%相当還元される補助金です。

お家の中で熱の出入りが最も多いのが窓です。
窓をしっかり断熱することで、お部屋が快適になり、光熱費の節約にもつながります。
また、結露の軽減といった効果もあります。

補助対象となる住宅

既存住宅(リフォーム工事の工事請負契約日時点において、建築から1年が経過した住宅または過去に人が居住した住宅(現に人が居住している住宅を含む))

戸建て、集合住宅(二世帯住宅、マンション、長屋、店舗併用住宅を含みます)問わず対象となります

対象となる工事

対象製品を用いた下表に該当するリフォーム

補助額は、対象製品の性能区分やガラスのサイズなどによって変わります。

※「ドア(ドアに対する内窓を含む)交換」については、他の窓の工事と同一の契約であり、同時に申請する場合のみ、本事業の補助対象となります

補助額

住宅の建て方、設置する窓の性能と大きさ、設置方法に応じて定額
(一戸当たり5万円から最大200万円までを補助)
※補助対象となる窓は、本事業の性能要件を満たすことが確認された製品に限る

補助対象となる住宅

高効率給湯器(エコキュート、ハイブリッド給湯器、エネファーム)を設置する新築住宅、既存住宅

※それぞれの性能要件を満たし、補助対象製品として登録されたものが補助対象になります。

補助額

導入する高効率給湯器に応じて定額を補助、さらに高い性能要件を満たす場合、その性能に応じた定額を補助

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP