健康で、長生きするための家づくり・建て替えについて

こんにちは!本多工務店です。
今年の夏も本当に暑い日が続きましたね。こうした気温の影響を抑えて室内の環境を快適に保つために大切な断熱や遮熱。省エネの観点から語られることが多いのですが、本当に重要なのは、住む人の健康にも大きな影響を及ぼす点です。

■夏の暑さ対策は、省エネのため。冬の寒さ対策は、健康のため

夏の冷房時は省エネ対策をしているかどうかで、出費が大きく変わりますよね。その一環で断熱・遮熱を手段として考える方も多いでしょう。しかし、冬場は省エネの問題だけではありません。
皆さんはヒートショックという言葉をご存知でしょうか。暖房の効いている暖かいリビングから、廊下や脱衣室、浴室と室温がどんどん下がることで身体が冷え切った後で、お風呂の中で急激に身体が温まることで体調不良を引き起こすことを、ヒートショックといいます。このヒートショックは最悪亡くなってしまうこともあり、日本では交通事故で亡くなる方以上に多いともいわれています。

■ほかにも、断熱がきちんとされていない暑い・寒い家は健康リスクがある

また、住まいの温度と健康の関係について、科学的な実証データもどんどん出てきています。断熱性能を高めるリフォームを行った家に住む人の血圧が、新しい家に住み始めて1年後には最高血圧・最低血圧ともに下がったという結果も。
おうちの性能を高めることで、家族全員が健康で長生きできるようになる!といっても過言ではないのです。

次回、実際に健康面を重視して家づくりを検討されたケースや、さらなる例をご紹介してまいります。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP