本多工務店とSDGsの取り組み

最近あらゆるメディアでよく見聞きするSDGs。なんとなく分かるけど、詳しい内容までは把握していないという方も多いかもしれませんね。

SDGsとはSustainable Development Goalsの頭文字をとった言葉で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されています。誰もが将来安心して暮らしている社会を目指した国際目標で、日本でも国を挙げて積極的な取り組みが推進されています。

今回はSDGsの取り組みの一環として当社が行っている活動の一部をご紹介いたします。

■SDGs17の目標とは?

SDGsでは17の具体的な目標が定められています。一例をあげると「質の高い教育をみんなに」「海の豊かさ・陸の豊かさを守ろう」「ジェンダー平等を実現しよう」など環境保全から人権・経済・社会環境の改善などあらゆる分野の目標が設定されています。

その中で私たちは「1.貧困をなくそう」を目指した活動の一環として、「諫早こどもはぐくむ券」の活動に賛同し、協賛しています。

■地域社会でこどもの育成を支える食券プロジェクト

「諫早こどもはぐくむ券」とはNPO法人が主催となり、諫早企業・市民・お店と協働で行う子どもたちの健全な育成と子育て支援を目的とした事業です。子どもたちは地域住民や企業からの寄付によって発行される「こどもはぐくむ券」を利用して、諫早市内の提携している飲食店などで食事をすることができます。

子どもたちにとっては友達と一緒に地域のお店でご飯を食べたり、お買い物をしたりする楽しみがあります。はぐくむ券をきっかけに普段行くことないお店に足を運んだり、大人たちとの交流を通したりして心の豊かさを育むことができます。

親御さんにとっても、家事の負担や経済的な負担を少しでも和らげられたらという思いも込めています。

地元に根差した一企業としてこのプロジェクトに協賛し、地域の子育て貢献、SDGs活動への足掛かりになれたらと考えています。これからも地元密着の企業として、地域と共に歩みを進めてまいります。今後もこのような活動があれば随時ブログでもご紹介いたします(^^♪

※2022年7月現在、はぐくむ券の寄付の受付は来月いっぱいまで、はぐくむ券の配布および使用期間は9月中までの予定です。詳細は下記のサイトをご覧くださいね。

参考サイト:諫早こどもはぐくむ券 https://kidsrestaurant.seamless2021npo.com/wp/

関連記事

最近の記事

PAGE TOP