家づくりにベストな時期や避けるべき時期はあるの?

こんにちは。本多工務店の広報担当です。
一生に一度の大切な家づくり。何事もなく無事に完成を迎えたいですよね。今回は家づくりに適切な時期はあるのか? という疑問についてお答えをいたします。

■梅雨や台風シーズンは避けよう

日本には春夏秋冬、四季がありますが家づくりに一番適している時期はあるのでしょうか。結論を申し上げると、適している時期はこの時期がオススメだと限定するのは難しく、むしろ家づくりを避けた方がいい時期に建てない方がよっぽど重要になります。

家づくりを避けた方がいい時期というのは、梅雨時期と台風シーズンです。着工がはじまり、基礎を作り棟上げをして……という段階でまだ屋根や壁が出来ていない構造体がむき出しの状態に雨に降られると困るのは想像に難くないでしょう。

エアサイクルの家は気密性がいいので、梁や柱などの構造体が濡れてしまうと後々家が建ちあがってから湿気が溜まりやすく、家全体の劣化に繋がりかねません。しかし梅雨時期や台風シーズンと着工がかぶってしまう場合ももちろんあります。そのような時には棟上げに入るタイミングを少しずらしたりしてなるべく雨に降られないように配慮を行います!

■ライフイベントや気候に合わせて好きな時期に

梅雨と台風の時期に気を付けておけば、あとは皆さんのご都合に合わせたタイミングで家づくりを始めるのが一番です。「お正月は新居で迎えたいのでそれに間に合うように」「冬に引っ越しをするのは寒くて辛いからその前に間に合わせたい」「子どもの入学に間に合わせて引っ越したい」など。

引っ越しや家づくりのタイミングでご希望があれば、その時期を逆算しながらスケジュール調整して家づくりをすることも可能なので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事

最近の記事