家事ラクを叶える時短術①室内物干しスペース

家事の時間、短くしませんか? 
共働きのご夫婦にとって、毎日の家事の時間を少しでも短く、家事を楽にしたいというのはどのご家庭も共通のお悩みです。今回は時短を叶えるコツのひとつ、室内物干しスペースのご提案をいたします!

■3つの方法、あなたのおうちに合うのは?

家事の中でも、工程が多く時間が取られるのが洗濯です。今みたいな寒い季節や夜遅くなど、気候や時間帯によっても面倒臭さが倍増、時短したいというお声はダントツで多いですね。工程が多いならば、室内に物干しスペースを確保して、少しでもショートカットしましょう(^^)/ 3つの方法をご紹介しますので、ご計画の際にはあなたのおうちに合った方法を取り入れてみてくださいね。

①室内物干しバーをスキマスペースに設置

一番お手軽にできる方法がこちらです。

天井から物干しバーを吊るせるような部材を取り付け、物干しスペースとして空間を有効活用します! 二階のホールスペースや、和室、洗面脱衣室など生活環境に合わせてお好きなスペースに取り付けが可能です。

②サンルーム

日当たりのいい場所を、室内物干し部屋として確保するサンルームの設置です。ガラス張りで作るとたっぷり日光が降り注ぐ明るい空間に。光を取り込めるだけでなく、通気ができるので快適に洗濯物干しが出来ます。

③家事室(ユーティリティスペース)

キッチン、洗面脱衣室のすぐそばに家事室を設置する方法もあります。この家事室の中に物干しバーやアイロンがけ出来るスペースを設置することで、洗濯~物干し~たたむ、アイロンがけの一連の流れが短い動線で可能になります。間取りに余裕のある方には、とてもおすすめです!

おうちの広さ・間取りやご予算によってもおすすめの方法は変わってきます。まずはお気軽にご相談くださいね。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP