吹き抜けの隠れたメリット「通風」の話

吹き抜けといえば、光がたっぷり差し込む明るく開放的な空間が魅力です。あまり注目されていませんが、吹き抜けのメリットには「通風」による効果があるのをご存知でしょうか? 今回は吹き抜けがもたらす通風のメリットについてお話いたします!

風を通しておうちに心地よさを

吹き抜けは暖かい空気が上に昇り、温度差が発生することで風が起こります。こうして上昇気流が発生することで、おうちの中に風が循環します。循環した風の出口のところに窓を設置することで、暖かい空気を外に逃がすことができます。

風を感じることで体感温度が変わり、快適性も上がります。夏の暑い日に無風状態と、風が心地よくそよぐ空間のどちらが快適は言うまでもありませんよね(^^) おうちの空気を循環させながら、風を感じることで心地よさをもたらすのが、吹き抜けの隠れたメリットなんです♪

■高性能だからこそ叶えられる吹き抜

風の出口に窓を設置し、窓を開放して風を通すのはもちろんですが、風が無い・弱い場合でも吹き抜けのおうちであれば温度差を利用して換気をすることが可能です。吹き抜けをつくるだけでも、通常のおうちに比べると風の通りが抜群によくなります!

風の通りがよくなるということは、冬は寒いんじゃないの?とご心配される方もいらっしゃるかもしれません。ご安心ください。本多工務店ではエアサイクルのおうちを採用しているため、冬でもポカポカ暖かい室内環境を保つことができます(^^)/ 吹き抜けのデメリットをカバーするのがおうちの性能。吹き抜けのおうちをご検討される方は、必ず性能を確認して、吹き抜けでも快適に過ごせるかどうかチェックしてくださいね。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP