おうちの骨組みを一気に組み上げる!棟上げをドローンで撮影しました

こんにちは!本多工務店です。
皆さんは「棟上げ」というものをご存知ですか?家づくりにおいてとても大切な日にあたり、ぜひ皆さんにも見ていただきたい工程です。その工程をまるっとドローンを使って撮影しましたので、皆様にお届けしたいと思います!

■そもそも棟上げとは?

棟上げとは、家の基礎工事が進んで、木材を使って家の骨組みから屋根まで1~2日で一気に組み上げること。屋根の上部で最後に組む木材を「棟木」というので、棟上げと呼ばれています。そして、無事に棟上げを終えられたことを土地の神様・大工の神様に感謝する「上棟式」という儀式・イベントを行います。

■一気に骨組みが出来上がる様子をドローンで撮影しました!

記念すべき棟上げの工程を、空撮ドローンで撮影しました。ドローンの操作は当社の社長が行っており、きちんと国土交通省の許可なども取っています。

※本撮影においても、国土交通省の許可の範囲・地権者の方の許可を得て敷地内での撮影を行っております。

これからずっと住み続けるおうちが一気に形になっていく記念すべき日です。せっかくの機会ですのでこの棟上げ日は見学に来ていただきたいなと思っています。その様子のイメージとして、ぜひドローン動画を視聴してみてくださいね!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP