寒い冬にからだもこころもぽっかぽか!薪ストーブの魅力

こんにちは! 本多工務店です。
今年の冬は例年になく寒い日が続き、大変なことも多かったのではないでしょうか。

本多工務店のお客様の中には、そんな寒い日も楽しく過ごしていきたいという思いから「薪ストーブ」を導入される方もいらっしゃいます。

そもそも薪ストーブはどんな家に導入できるのかイメージつかない方もいらっしゃると思うので、詳しくご紹介したいと思います!

Fireplace at lounge room standing on concrete floor with copy space. Home with modern interior, wooden log on top of fireside and equipment against white wall

■薪ストーブはおうち全体が暖まりやすい!

薪ストーブは、主にスチールなどで作られたストーブで、薪を燃やした熱が鉄の鋳物や鉄板を通じて輻射(ふくしゃ)熱で家全体を暖めてくれます。

一方で暖炉はレンガ積みで壁に一体化しており、薪を燃やした熱の多くが煙突から外に放出されてしまうので、部屋全体が暖まりにくいのです。

見た目と暖房効率を考えると、薪ストーブは優秀なんですね!

■薪ストーブの設置場所を工夫すると、家全体の暖房に♪

多くの薪ストーブは、家族が集まるリビングに設置されます。例えばリビングのど真ん中に設置して輻射熱の通りを良くし、暖気が循環しやすい配置にすることで家の中のどこにいても暖かいおうちにすることができます。

近ごろは吹き抜けのおうちも人気ですが、暖気が2階に溜まってしまって上下階の温度差が生まれやすくなってしまいます。そのため、吹き抜けでない場所に薪ストーブを設けて、階段などを通してゆっくりと2階に暖気が上っていくような形にするのが良いでしょう。

このように、ちょっとした工夫と注意をすることで憧れの薪ストーブのおうちを作ることができてしまいます。次回は薪ストーブのおうちの良さについて改めてご紹介します♪お楽しみに!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP