建売・注文住宅あなたに合うのはどっち?②注文住宅編

   

こんにちは。本多工務店の広報担当です。
前々回の記事では建売住宅のメリットとデメリットをご紹介しました。今回は注文住宅編をお話いたします。

■注文住宅のメリット

①自由度が高い

なんといっても一番のメリットは自由設計です。こだわりを反映した間取りはもちろん、外構、インテリアや内装材、住宅設備など自分のお好きなものをひとつひとつセレクトしながらおうちを創り上げます。どんな素材・構造で建てられているかを把握することが出来るので、デザインだけでなく性能にこだわりたい方にも安心です。

②好きな土地に建てられる

今は建築条件付きの土地も多いですが、自分の気に入った土地に建物を建てることができるのは大きなメリットです。気に入った土地を探して建築する場合もありますし、ご家族から譲り受けた土地に建てることも可能です。

■注文住宅のデメリット

①引っ越しまでの時間がかかる

ひとつひとつ打合せをしながら仕様を決めていくので、建売住宅と比べれば打合せの回数が多くなりますし、完成・お引渡しまではどうしても時間がかかります。

②予算が想定より高くなる場合がある

建売住宅の場合は、販売価格が明確なので予算管理もかんたん。一部オプション変更などがある場合もありますが、予算ベースで収まることが多いです。一方で注文住宅の場合は、思わぬところにこだわり、予算がアップしてしまうことも。予算内にしっかり収めたい!という場合はプランの計画時に担当者に相談しながら、優先順位を決めましょう(^^)

すでに建築してある建売住宅を購入するか、注文住宅を建てるか。あなたはどちらを選びますか? 本多工務店では建売と注文のイイトコどりの規格住宅をご用意しております。規格住宅って何? 詳細は次回のブログでお話いたします♪

関連記事

  1. ハザードマップ

最近の記事

PAGE TOP