空気を自然の力で動かす。エアサイクル工法の専用部材を詳しく紹介!

こんにちは。本多工務店です!
エアサイクル工法の仕組みやその良さについてご紹介をしてきましたので、今回は屋根・壁で活躍している各専用の部材について知ってほしいなと思っています!

■日射を遮りながら、通気も確保する屋根・桁の専用部材

《シャルーフ》
通気層とパネルを一体にすることで施工期間も短縮できるように工夫された屋根の中の断熱材です。アルミ箔も貼ってあり、ふく射熱反射効果もあるので夏場の厳しい日射を遮ってくれます。

《EZルーフ》
気密性の高い屋根用の高性能断熱材です。経年変化による断熱性能の低下を抑え、いつまでも快適なおうちを実現。アルミ箔を両面につけており、遮熱効果だけでなく室内側の熱反射もきちんと確保しています。

《桁パネル》
桁と桁の間に入れる、断熱材と根太が一体になったパネルです。
桁とは、柱の上に架ける水平部材で、建物の上からの荷重を支えてくれます。
桁付近でもしっかりと断熱を行うことで、高い気密性を確保して冷暖房の効率をより高めていきます。

■エアサイクル工法の肝となる、壁内の専用部材

《Cmボード》
エアサイクル工法独自の通気形状により、壁の中に空気の通り道を作ります。夏は床下のひんやりとした冷気が少しずつ屋根まで上がっていき、小屋裏排気口から排出。冬はこの空気を閉じ込めながらじんわりと壁の中を動くことで、心地よい暖かさをキープ。

エアサイクル工法は数多くの専用部材を活用しながら、機械に頼らない自然の力を用いたパッシブデザインのおうちを作りあげていきます。少しずつ暑い日の増えてきた今だからこそ、この快適なおうちを体感しに来てみてくださいね!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP