おうちの大敵「湿気」を防ぐ、エアサイクル工法

こんにちは!本多工務店です。

湿度の高い日にお外にでると、むあっとして不快になることありますよね。実はおうちにとっても湿度の高い状況が続くと良くない、ということを皆さんはご存知でしたか?おうちの湿度を一定以下に保つためにも、当社のエアサイクル工法が大活躍するんです!

■どんな構造のおうちでも、湿度は大敵!

湿気は、木造の場合は柱や梁を腐らせてしまい、鉄骨の場合は錆の原因になります。そして構造体の内部にダニやカビを発生させたり引き寄せたりしてしまうので、建物にとっても住む人にとっても良くないことだらけになってしまうんです。

■湿気対策はどうすればいいの?

木造住宅の「湿気」で特に気をつけるポイントは、壁内の湿度。最も湿気の影響を受けやすく、断熱材の性能を落としてしまう危険性もあるので、壁の内側は湿気対策が必須なんです! 家づくりの段階で湿度って普段なかなか意識しないですよね。でも実は快適性に直結する大事なポイント。当社はそこに着目し、快適な住み心地を実現します。

■壁内の湿気対策に、エアサイクル工法がぴったり!

エアサイクル工法は、適切な断熱・気密を行うだけでなく、空気を動かす仕組みを設けているので、湿気がたまらない環境を作ってくれます。壁の内部に通気層を設け、床下から壁を介して小屋裏に通じる空気の通り道が、いつでもカラッと乾いた空気をお家全体に通してくれますよ。

だからこそ、壁内や床下の躯体(建物の構造体)を常に乾燥状態に保ち、カビやダニの発生を防いでくれます♪室内の空気も綺麗になるので、身体にとって心地よい環境が実現できます!

エアサイクルのおうちの構造を皆さんにご覧いただける、構造見学会を年に数回実施しています。気になる方はぜひお気軽にご参加くださいね。

◎10月31日(土)、11月1日(日)に諫早市早見町で構造見学会を開催いたします! 

▼イベント詳細、ご予約は下記のページをご覧ください^^▼

https://honda-k.com/news/2020/10/6158/

関連記事

最近の記事

PAGE TOP