モノトーンの外観の家にするには?ポイントと実例をご紹介!

モノトーンの外観はおしゃれに見えますが、モノトーンの外壁にするために何をすればいいか分からないものです。
今回は、モノトーンの外観にするために抑えるべきポイントと実例をご紹介します。
モノトーンの外観の家にしたい方は必見です。

□モノトーンの外観の家にするポイントとは

モノトーンの外観はシンプルなため、簡単そうに見えて実は難しいです。
しかし、ポイントを抑えると簡単におしゃれな統一感のあるモノトーンの外観に仕上げられるので解説します。

1.モノトーンの同系色以外は使わない
外壁や屋根などにモノトーンの同系色以外を用いると、モノトーンの良さである統一感や洗練された雰囲気が損なわれます。

モノトーンの雰囲気を残したまま色を使いたい場合は、濃淡や明暗を変えてグレーを使用することがおすすめです。

2.外構との調和性を考える
外観と外構を調和させることで全体の一体感を生み出せます。
外構もモノトーンの色で合わせ、素材もタイルやレンガといったスタイリッシュかつ高級感のあるものがモノトーンの外観によく合います。

色を入れたい場合は、外壁や外構でモノトーン以外の色を取り入れるのではなく、観葉植物でグリーンを取り入れることがおすすめです。

3.窓の配置や大きさを統一する
窓の配置や大きさを統一することで、よりおしゃれで洗練された雰囲気になります。
窓の位置が左右対称になるように間取りを工夫するとさらに窓の配置に統一感が出ます。

また、窓の形も丸い柔らかい印象のものではなく、四角いスタイリッシュな窓を選ぶようにしましょう。

□モノトーンの外観の実例集

モノトーンの外壁にするためのポイントだけでは実際にご自身の家でイメージすることは難しいです。
そのため、実例でイメージを膨らませましょう。

*白と黒で構成されたモノトーンの外壁

外壁をタイルにすることで高級感を出すと同時に、白と2種類の黒のタイルを使うことでシンプルな外観の中にも個性を出しています。

*印象深いアクセントタイルを使用した外壁

色が白と黒のため、色で遊ぶのではなく、凸凹としたタイルの素材で遊び心を表現しています。
また、白の外壁の割合が多いため、黒のアクセントタイルがより映えます。

*シックモダンな黒い家

主なタイルには黒色を使い、単調にならないように窓フレームや一部にアクセントタイルを使用しています。
黒を基調としたモノトーンの外観はシックモダンな印象を再現しています。

□まとめ

今回は、モノトーンの外観にするために抑えるべきポイントと実例をご紹介しました。
モノトーンの外観にするためには、同系色の中の色を用い、窓の配置も工夫する必要があります。

実例では、アクセントタイルを使用してモノトーンの外観の中に高級感も出せるような工夫をしています。

関連記事

  1. 施工事例

カテゴリー

PAGE TOP