キッチンとダイニングを横並びにするメリットと注意点をご紹介!

リビングの内装を考える時、キッチンとダイニングを横並びにすることもおすすめです。
例えば、横並びにキッチンとダイニングを設置することで、配膳が楽になります。
毎日行う食事だからこそ、効率よく楽しい時間にしたいという方も多いのではないでしょうか。
今回は、キッチンとダイニングを横並びにするメリットと注意点を紹介します。

□キッチンとダイニングを横並びにするメリットとは?

キッチンとダイニングが横並びになっていることのメリットを2つ紹介します。

1つ目は、配膳が楽になることです。
キッチンとダイニングが横並びではない場合、キッチンをぐるりとまわり、テーブルまで持っていく必要があります。
重いものや熱いものだと、運んでいる最中に落としてしまうといったリスクが高まります。

横並びにしてあることで、リスクの低減と安全性の向上に繋がるでしょう。
また、食後にお皿をさげることも楽になります。

2つ目は、ダイニングテーブルを一時的に置き場にできることです。
料理をしていると、キッチンの作業スペースがごちゃごちゃしてしまうことがあると思います。
そんな時は、ダイニングテーブルを活用しましょう。
一時的に置き場にすることで、キッチンの作業スペースが増えます。

□キッチンとダイニングを横並びにする時の注意点

キッチンとダイニングを横並びにする時の注意点について、3つ紹介します。

1.統一感を意識する
キッチンとダイニングを横並びにする時には、素材や色味などに統一感をもたせましょう。
統一感をもたせるには、どんなインテリアを置くのかを考えることが重要です。
バランスを考え、まとまりのある空間にしましょう。

2.生活感を隠す
ダイニングとキッチンを横並びにすると距離が近くなるため、テーブルからキッチンがよく見えてしまいます。
そのため生活感が出てしまいますので、来客時にはなるべくキッチン周りを片づけることや、手元が見えないようにすることをおすすめします。

3.家事動線を意識する
キッチンとダイニングが近くなると、家事動線は効率的になりますが、その他の動線を邪魔してしまうことがあります。
特に家族が多い場合、ある程度の生活動線を把握しておくことで、設置後の失敗を減らせるでしょう。

□まとめ

キッチンとダイニングを横並びにすると、配膳がスムーズになり、後片付けも楽になります。
食事は毎日することですので、できるだけ無駄を省きたいですよね。

しかし、水回りが近くなるため、ダイニングにシンクの水が飛びやすくなるといった注意点もあります。
もし、キッチンとダイニングを横並びにする場合は、ライフスタイルに合わせた対策も同時にとっていきましょう。

関連記事

  1. 施工事例
  2. 杉板外壁の平屋

カテゴリー

PAGE TOP