キッチン天板、ステンレスと人大あなたはどっちにする?

こんにちは。本多工務店の広報担当です。
キッチンを選ぶときに天板(ワークトップ)とシンクの素材をどうするか迷われる方も多いですよね。今回はそんなあなた必見(^^)/ 代表的な素材のステンレスと人造大理石それぞれの良さや選び方をご紹介いたします。

■汚れの付きにくさはピカイチ!ステンレス


従来から天板・シンクの素材として主流だったステンレスは今でも根強い人気があります。ステンレスの魅力はなんといっても汚れの付きにくさ! お茶やコーヒー、カレーなどの色素が強いものも染みこみません。

あまり知られていませんが、隠れたメリットとしてステンレスは食器など物を置いた時の音が静かというのも嬉しいポイントです。人造大理石は素材自体が堅く、ステンレスの方が物を置いたときの衝撃と音がソフトです!

ステンレス天板は表面処理や加工によって汚れやキズの付きにくさ、見た目の印象にかなり幅があります。スタイリッシュでおしゃれな雰囲気重視にしたいのか、清掃性にこだわりたいかなど理想のキッチンのイメージに合わせて選んでみてくださいね。

■空間が明るく華やかに、人造大理石


ここ数年天板の素材として定番になりつつあるのが人造大理石です。人造大理石とは、樹脂や砕いた大理石などを使用して加工した人工素材です。メーカーによって人工大理石・人造大理石どちらを扱っているかが異なりますが(※1)今回は人造大理石でお話します。

ステンレスと比較するとカラーバリエーションが豊富な人造大理石はオシャレな見た目が最大のメリット! ベーシックなホワイト系はもちろん、最近は黒やグレーなどダーク系カラーの天板も多くの方に支持されています。LDKの雰囲気に合わせてコーディネートできるのが嬉しいですね。

お手入れ性の利点はステンレスに比べてキズが目立ちにくいことです。シンクに毎日水を流していればシミ汚れもつきませんし、万が一着色系のシミ汚れが付いた場合も研磨して汚れを落とすことができます。耐熱性もステンレスとほぼ変わりません(※人大・ステンレス天板いずれの場合も、熱したフライパンやお鍋をカウンターに載せる時は鍋敷き使用をお願いします)


ステンレス、人造大理石それぞれの良さがあるので、見た目のイメージ、清掃性などご自身がどこを重視したいかによって選んでみてくださいね。人造大理石の天板にステンレスシンクを組み合わせることももちろんOKです! 迷ったら是非ご相談くださいね。

※1……人造大理石:セメントや樹脂などを主成分とした人工素材。粉砕した天然大理石が含まれている。人工大理石:アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材。天然大理石は含まれていない。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP