おうちの暑さ・寒さの弱点「窓」を考える

こんにちは!本多工務店です。

前回に続き、おうちの暑さ・寒さの弱点となってしまう「窓」について、どのような対策をすると良いのかをご紹介してまいります。

■窓ガラスは、断熱効果/遮熱効果のあるものを選びましょう

今住まれているおうちの窓の性能について、あれこれ考えたことのある方はなかなかいらっしゃらないと思います。実は多くの賃貸住宅では、普通の単板ガラスが採用されており、断熱性が低く外部の熱が入りやすいのが弱点です。

日ごろエアコンの効きが悪かったり、夏場は窓の近くに居ると暑く感じたりするのはこの窓のせいかもしれません。

そこでオススメするのが、断熱・遮熱性能を高めた窓を採用すること。断熱とは、部屋の中から室外へ熱を逃がさないようにすることで、遮熱とは、室外から部屋の中へ熱が入るのを遮ることです。それぞれの性能をアップした窓を使用することで、おうちの環境は格段に変わってきます!

■弱点を補強するだけで、おうちはもっと快適に!

断熱性能を高めたい場合は単板ガラスではなく、2枚のガラスの間に乾燥した空気を閉じ込めた「複層ガラス」を採用しましょう。また、夏の暑さや西日対策をさらに考えていく場合は、遮熱高断熱Low-Eガラスと呼ばれる、特殊な金属膜を用いたガラスを採用するのもオススメです。窓の設置場所・方位などに応じて柔軟に対策をすることで、より良い温熱環境を実現できますよ。

これからおうち作りを検討する方はもちろん、今のおうちをもっと過ごしやすいものにしたい!という方にもおすすめです!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP