全国を掛けた闘い

先日の日曜日、長男が所属するVファーレン長崎U18が全国大会を掛けた試合がありましたので福岡フットボールセンターまで試合観戦に。

対戦はロアッソ熊本。

 

結果は残念ながら負けで全国大会出場ならずでした・・・。

長男は秘密兵器として温存されたまま試合終了。(笑)

 

 

全国への扉はまだまだ重いようです。

これで引退する3年生も数名いるのだとか。

多くの選手が小学生からずっとサッカーを続け10数年。そう考えるとなんだか寂しい気持ちになります。

 

長男も来年の今頃は同じ状況に置かれますが、果たして冬まで続けるのか・・・?

 

長女が昨年進学で親元を離れ、2年後には長男も・・・成長はうれしいものの寂しさも徐々に・・・。

 

そう考えるのもお昼休みにNHKオンデマンドで『半分、青い。』の録画視聴で、すずめが東京に巣立って行ったからです・・・(笑)

 

 

関連記事

最近の記事

PAGE TOP