エアサイクルとスーパーウォール

この間、お客様との会話の中で、『エアサイクルとスーパーウォール(トステム)は

似たようなもんでしょ?』と言われました。

実はこの質問、よく言われることです。

いつも答えるのですが、『全くの別物、仕組みが違います』

エアサイクルは外張り断熱で、さらに空気の持つ断熱性というものを最大限

利用したものであり、また仕組みそのもので、夏の放熱性もある建物なんです。

スーパーウォールは充填断熱工法でGWがポリスチレン断熱に変わったような

もんです。

GW(グラスウール)より断熱性が良く、気密性が高い物なんですよ。

と答えています。

直接は悪くは言わないようにはしているのですが、SWの外壁を完全に密閉する

建物はどうなんだろう?という疑問を持っています。

柱、梁等は乾燥材が義務付けられている工法ではありますが、そうは言っても

内部はプラスターボード等の吸水性があるような材料で仕上られ、計画換気

を行なうと言っても、結構電気代節約のために換気扇をストップしている家庭

もあるのではないのかなぁ?

実際、私の友達の家では止めてました。(-_-;)

『家の為にあまり良くないよ。』とアドバイスしてきましたが、今はどうやっている

のか・・・?

断熱効果・遮熱効果をあげることだけを考えてしまっては、家は魔法瓶の

ようになってしまいます。

放熱も考えた方がいいような気がするのですが・・・

しかし、、、スーパーウォールってお客様が良くしってらっしゃるのは

ビックリしますねぇ。

さすがトステム!ってな感じです。

エアサイクルも伊藤忠の力を存分に発揮して、アピールしてもらいたい

もんですなぁ・・・(-_-;)

関連記事

最近の記事

PAGE TOP