新築でよくあるやっておけばよかったことをご紹介します!

一生に一回の新築を建てる際は、絶対に後悔を避けたいですよね。
家づくりにおける後悔を避けるためには、よくある後悔を知っておくことが大切です。

今回は、新築でよくあるやっておけばよかったことについてご紹介します。
本記事を参考に、家づくりを成功させましょう。

□新築でよくあるやっておけばよかった後悔

以下より、新築でよくある後悔を5つご紹介します。

1.収納スペースが少なかった
新築は実際に生活し始めると、だんだんとものが溜まっていくものです。
収納スペースが少ない場合、モノで溢れかえってせっかくの新築であるのに見た目が悪くなってしまいます。
そのため、収納スペースは多めにとっておいた方が良いでしょう。

2.動線を軽視していた
動線とは、生活の中での人の動きを線で表したものです。
例えば、洗濯の一連の流れを表す洗濯動線などがあります。
この動線を短くすることで、作業が効率化できるため、動線を意識した間取り計画を立てましょう。

3.コンセントの配置と数を間違えた
現代において電化製品は生活と切って離せないものとなっています。
スマホの充電や各種家電などを考えると、コンセントの数は思っているよりも多く必要となることが多いです。
また、その配置も実際に使う場面を想定して決定しましょう。

4.部屋の数が少なかった
例えば、子供に一人一部屋与えたかった場合や、ワーキングスペースとして書斎が欲しかったことなどが挙げられます。
反対に、部屋が多すぎたということもあるため、部屋の数は将来を想定して決定しましょう。

5.バリアフリーを取り入れれば良かった
長年生活する上で、バリアフリーを採り入れておくと老後が快適に暮らせます。
後から導入できる場合もありますが、できることから始めてみても良いでしょう。

□新築で間取りやデザイン以外にも考えること

新築を建てる際、目が行きがちなのは間取りやデザインですが、それ以上に大切なことは、生活のしやすさです。
生活しにくい家はだんだんとストレスが溜まってしまい、なんとしても避けたいものです。

しかし、間取りやデザインと暮らしやすさは同時に実現できます。
上記でご紹介した点などを参考に、家族全員が暮らしやすい家づくりを目指しましょう。

□まとめ

今回は、新築でよくある後悔と間取りやデザイン以外にも大切なことについてご紹介しました。
今回ご紹介した新築作りでよくある後悔を踏まえて、家族全員が暮らしやすく、かつ間取りやデザインなどの要望も叶えた最高の家づくりを実現させましょう。

関連記事

  1. 施工事例

カテゴリー

PAGE TOP