こだわり光る、随一のカウンターを呈したその場所は?

今回はいつもの事例紹介とは少し違い、昨年末に施工を担当した店舗の改装事例をご紹介します! 当社は個人のお客様の新築、リフォームだけでなく商業施設の施工も手掛けているのをご存知でしたか? 過去にはホテル、大浴場、露天風呂などの建築に携わり多くの実績があります。

雲仙福田屋様は「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019特別版」にも掲載されている、雲仙の老舗ホテルです。今回はホテル内ロビーの一部を天ぷら店へリノベーションいたしました。改装にあたり、一番こだわられたのはお客様用のカウンターテーブル! お客様の目の前で調理をし、揚げたてを召し上がっていただくため、カウンターの素材の質感や色味も料理を引き立てる大切な要素になります。

■こだわりの白木カウンター

当初の案ではカウンターの素材にラオス松が提案されていました。木目や節目、色の濃淡がはっきりしている松は力強い印象が魅力のカウンターになります。しかし、調理長の見立てでは松は少しイメージと異なるということで、別のカウンターを探すことになりました。

色や質感、表面の肌触りなどお手入れ性まで考慮してこだわり抜いて探し、最終的に採用されたのがイチョウの白木でした。全長は8メートルにも及ぶ立派な一枚板が見つかりました! こだわりのイメージにぴったり合致するとのことで、オーナー様も製材所に直接足を運んで選ばれた珠玉のカウンターです。

■五感をフルに使って味わう空間へ

今回は設計事務所様の設計に、当社で施工を請け負った工事となりましたが、普段使わないような材料や照明計画など、参考になることも多く学びの深い事例となりました。カウンターだけでなく、内装や照明などこだわり抜いた意匠性の高い空間は必見です。

またこちらの天ぷら店「香ふく」様、1月にオープンされたばかりです! 雲仙伝統の種取り野菜をはじめ、自社農園での無農薬野菜、島原半島産の豊かな食材を厳選して使用した天ぷらは素材を味わう究極の料理。ぜひご賞味くださいね(^^)

天ぷら専門店「香ふく」https://www.fukudaya.co.jp/kofuku/
雲仙福田屋 https://www.fukudaya.co.jp/

関連記事

最近の記事

PAGE TOP