独特の味わいと雰囲気が楽しい、塗り壁・漆喰の話

こんにちは♪本多工務店です!

前回少しだけご紹介しました「塗り壁」ですが、お客様にご質問されることが多くありますので、もっとご紹介したいと思います♪

■耐久性、安全性はもちろん、デザインも優れた塗り壁

塗り壁とは、下地の上に漆喰などの素材を複数回塗って仕上げた壁のことを言います。昔ながらの日本古来の塗り壁を採用する際は、左官職人さんの技術が必須となります。

塗り壁はシンプルに見えますが、塗り仕上げのパターンをつけたりすることで、手塗りならではの独特の風合いを味わうことができるんです! 

厚みのある塗り壁の質感は、クロスには無い豊かな表情を楽しめ、床材など木質系素材との相性も抜群。このように意匠性に優れた内装材なので、「ぜひ塗り壁でお願いしたい!」とお客様からオーダーされることもしばしばあります♪本多工務店が採用している塗り壁素材は調色もできますので、お好きな色に仕上げていくこともできますよ(^^)

■からだに優しい安心素材のヒミツ

本多工務店の使用している塗り壁の原料は、99%が粘土と珪藻土で触れても安全なものを使っています。また、塗り壁の良さを最大限に活かすため、多くの細孔を持つミネラル素材を塞いでしまわないように、余分な化学物質を使用していないのです。

塗り壁の良さを活かしながら身体にも優しい、古くからの知恵と新しい技術を組み合わせた次世代型の素材を活用しています♪

ご自宅のタバコの臭いやペットの臭いなどの生活臭を吸着したり、抗菌効果によりおうちの中を清潔に保ってくれたり、湿度を一定に保つような働きもあるので身体に良いとこ尽くしです♪

これまで壁紙(クロス)のみのご検討だった方にも、ぜひ一度知っていただきたい「塗り壁のおうち」について、気になる方はぜひ一度お問い合わせください♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP