プラン打合せ

春分の日の昨日、今年7月着工予定の住宅の3回目のプラン打合せでした。

叩き台としての手描きの間取りを数パターン

 ●1回目の打ち合わせは希望の部屋の大きさ、何を重視するか、お好みのスタイルがあるか?
 この時点で希望されている部屋の大きさから割り出した住宅の規模、大枠の全体予算まで提示します。

 ●2回目は初回の打ち合わせの要望を参考にたたき台となるプランと、たたき台から計算した少し踏み込んだ資金計画まで提示させていただきます。
 これをもとにたたき台をこれでもかと言う位叩きまくっていただきます(笑)

 2回目の叩きまくる作業がとても大事で、この打ち合わせで、明確なお客様の要望があらわになります。

 ●そして3回目の打ち合わせ。(今回は別ですが、通常ここまでは無料で行っています。)
 平面的にはほぼ納得はしていただくものの、まだこの時点で決定はいただいていません。
 次回打合せではさらにCGを用いたプレゼンを行い、微修正、時には一からやり直しということも・・・。

 もしかしたらうちでは時間をかけすぎてるかもしれないのですが、『こんなはずじゃなかった・・・』を避けるためには仕方がないのかなー?
 3回目ともなるとうちの社風や性格も感じ取っていただけるんじゃないかなーとも思いますし・・・。

  今日は加工場に例年より1か月ほど早くツバメの第一陣が!

今年もうちで巣作り、巣立ちをしてくれますように。

関連記事

  1. 焚火
  2. 川床町地鎮祭
  3. 5S運動
  4. 木のある暮らし

最近の記事

  1. 坂茂建築邸
  2. 川床町地鎮祭
  3. 木のある暮らし
  4. 照明点灯方法
PAGE TOP