リビング階段の欠点

 小さなお子様がいらっしゃるお客様でリビング階段を好まれるお客様は多いですよね。
 では、リビング階段の欠点はないのか?考えてみました。

  • 階段は2階との吹抜けとなっているため冷風が下りてきて寒い
  • 見せる階段としてデザイン性が必要になってくるためコストアップ要因になる

 という事が考えられます。

吹抜けと一体になったリビング階段

 断熱性が低くい家だと、どうしても冬には上階の冷たい風が下りてくるため寒く感じることが多くあります。

という事は、断熱性能を上げてあげればこの問題は解決です。

見せる階段として鉄骨で製作した階段

 弊社でリビング階段をご提案する時には鉄骨の骨組みをご提案させていただくことが多くあります。

 残念ですがこれはコストアップ要因です・・・全体の工事費の1%ほど・・・。思ったより安くないですか?

 既製品で鉄骨やアルミを使った階段もありますが、あれは100万近くコストアップしますが、弊社の提案だとそれの1/5。(直階段の場合)

【シースルーで軽快】だけど埃が・・・という場合でも
蹴込を作ることももちろん可能です。
これはリビング階段ではないですが、らせん階段だって作れます!

 弊社の階段は、全て1棟1棟完全なオーダーですが、社内で詳細な図面を書いて鉄骨屋さんに渡します。鉄骨屋さんは図面通りに加工して現場に1日のみ取付に来るだけ。

 ものづくり工務店ならではの鉄骨階段!
そこらのハウスメーカーは素人の営業が間取りを考え机の前にしかいないCADマンが図面にしているので難しいことはできません。
 そうすると既製品任せ、業者任せなので大きなコストアップ要因となってしまいます。

 っていう事で、高断熱な家をつくり、技術を持っておりますのでリビング階段、見せる階段なんでも創っちゃいます!

関連記事

最近の記事

  1. 2020.03.28

    桜開花!
  2. 2020.03.21

    プラン打合せ
PAGE TOP