住宅ローン見直し

7年前に建てたマイホームおうち

当時、『これから金利は上がる!』との想定のもとフラット35で組んでおりました。

当時の金利が35年固定で約2.7%。

上下動はありましたが、現在は史上最低金利を伺うほどの状況の中、ついに借り換えを検討しております。

そこで借り換えシュミレーションを行ってみました。

ローン残高 1800万円 金利2.7%(全期間固定) 残期間 27年8か月
(数字は若干変えてます・・・(;^_^A)

毎月の返済額 76,406円  最終の総支払額 2557万円程

銀行の条件を調べてみると・・・10年固定の場合・・・

金利1.3%(当初10年)

11年目以降はわかりませんが、ここ10年間を調べて上昇幅は1%以内と想定し、下記の条件で設定・・・

残高 1800万円 金利 当初10年1.3% 11年目以降2.3%

毎月の返済額 64,580円(当初10年間) 11年目以降 70,235円
最終総支払額 2264万円

削減効果は293万円!!

やっぱり借り換え効果はでかいですねぇ・・・。

ローン借り換えは我が家と同じように公的機関からの借り換えとなると、今後の金利変動リスクが新たに発生してきます。

●変動金利にすると・・・最近ささやかれているハイパーインフレのリスク

●期間固定型にすると固定期間終了後の金利上昇のリスク

我が家の場合、色々なリスクを念頭に置いたうえで、期間固定がベストかな・・・はてなマーク

と考えているところです。

これ以外にも金融機関によって色々な違いがありますので、やはり慎重に検討しなければなりませんが・・・。

今回、わが身の事も考えて、かなり勉強しました。

借り換え検討中のお客様、何でも聞いてくださいねパー

関連記事

最近の記事

PAGE TOP