余剰電力買取価格6月まで現行制度を延長

本日経産省が4月~6月の太陽光発電余剰電力買取価格を現行のまま延長すると発表しました。

現行の買取価格10kw未満の住宅用の場合、42円/kwh

本来なら4月から買取価格が下がる予定でしたが、6月までは延長すると言うものです。

『太陽光発電は元が取れるのか?』『元は取れん・・・』

まだまだこんな話を聞くことがありますが、現行制度なら十分に10年程で元が取れます。

そんな話より、『地球にいいこと』をしている事に喜びを感じます。

弊社は本社、営業所共、昼間の電気は太陽光発電の電気で運営されています。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP