民主若手がたった1人小沢幹事長に反旗

事業仕訳のあとは小沢さんと話題を振りまく民主党ですが、ワンマン幹事長振りを発揮して、総理でさえ何も言えないのに、35歳村越祐民衆院議員、
『あんたはえらい!』

『かくすればかくなるものと知りながら
           已むに已まれぬ大和魂』
(吉田松陰)

きっと、村越議員の心境はこうなんだと思います。

今回の事件、これからの民主党の姿を象徴するものとなるような気がしてならず、このまま無罪放免、幹事長安泰となるとこれからの将来に大きな不安を感じることになりそうな気がします。

100歩譲って本人が本当に知らなかったとしても身内とでも言える『秘書』が起こしてしまったことであれば、せめて幹事長職くらいは辞職すべきじゃないか?と思うわけで…

しかし、、、また建設業と政治家…。

まだこんなことがあるんですね・・・。

もういい加減にして欲しい…。

安心の住まいづくり-2010012315480000
昨日打ち合わせで久々にオランダ坂まで行ってきました。

長崎は竜馬一色ですな…

関連記事

最近の記事

PAGE TOP