家族の幸せを一番に考えた家づくり 健康住宅『エアサイクルの家』

『エアサイクルの家』は、自然のチカラで壁の中の空気を循環させ家中の温度と湿度をコントロール。
キレイな空気に包まれて「夏涼しく冬暖かく」過ごせる家です。

 

家づくりを通して、そこに住む家族を幸せにしたい。
幸せとは、健康に楽しく、長生きでいること。
そのためには、住む人のからだの健康だけではなく、こころの健やかさや、
そして住む家そのものが健康であることが大切だと考えています。

 

『エアサイクル』が叶えるのは、木のぬくもりを感じながら家族みんなが健康に暮らせる家づくりです。

エアサイクルのすごいところは、壁の中の空気を、自然のチカラで循環させること。
夏は、屋根裏からこもった熱や湿気をどんどん外に逃がして、
冬は温まった空気が建物を包み込みます。
ぐるぐるまわる空気はまるで自然の空調。
夏にはからりと涼しく、冬はじんわりと暖かく、自然で心地いい温もりの中で過ごせます。

 

また、家の中に急な温度差があると、不快な思いや心臓への負担だけではなく、
家のあちこちに湿気溜まりや結露を起こさせます。
そしてその部分にカビやダニが発生し、
アレルギーなどを引き起こすもとにも・・・。

 

エアサイクルは、温度差が小さく快適な空間を生み出して家の中の空気をキレイに保ち、
家族のからだの健康を支えてくれます。

 

※暖冷房設備は状況に応じて設置が必要です。

エアサイクルの家は家中の温度差が小さいから、

吹抜などの開放空間が作りやすいことが特徴。

 

階段の脇にちょっとしたデスクをつくったり

廊下の一角に書斎を設けたり・・・

 

そしてひなたぼっこを楽しみながら、そのぬくもりを住まいのエネルギーとして活用。

 

家族のふれあい時間が多く持てる、暮らしそのものを楽しむための設計ができます。

 

じめじめした梅雨時期や暑い夏の日中、冬の冷たい朝でも快適に。

 

風通しがよく、コミュニケーション豊かな暮らしはストレスを減らし、

健やかなこころを育みます。

木造住宅の大敵は水分。

 

壁の中や床下などの「見えない部分」での結露がカビやシロアリの発生につながります。

 

エアサイクル工法で使用するのは、空気の通り道のある断熱パネル。

 

しっかり外からの熱を防ぎながら、壁の中まで風通しを考えたつくりになっています。

床下から壁の中、屋根裏に通じる”空気の層”で家全体を包み込んでいます。

 

空気を動かして木材を乾燥させて柱や梁、壁や床などの構造材が傷むのを防ぎ、

お家を健康で長生きさせます。

PAGE TOP