火災保険料の値上げ

昨日の日経新聞によると・・・

来秋以降、火災保険料が見直しされ、木造・非木造での枠組みで火災保険料が決定されるようになるかも・・・?と言った記事が出ておりました。

これがどういう風に影響してくるかというと、、、

現在、ALCで外壁なんかを張っている住宅は鉄筋コンクリート構造と同じような保険料率となっているようですが、これが見直し後は一般木造住宅と同じ枠組みとなり、保険料が最大で2倍までアップするという事。

保険業界の認知不足からくる保険料の取りすぎ、不払い問題から出てきた話のようです。

保険料が安くなることを見越して、住宅ローンを若干多めに組む方もいらっしゃるようです。

ただでさえ、公庫の『ゆとりローン』の金利見直しがはじまって来ます。

この辺、保険業界も良く考えないと・・・

日本版サブプライム・・・って事態も・・・。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP