諫早ハウス/諫早市

白い箱の上に黒い箱が乗っかったような特徴ある外観。

無駄なものを徹底的に排除し、できるだけシンプルなつくりを目指した。

無機質で冷たい雰囲気になりがちな白を基調とした内観が、無垢の杉の床のおかげで温かみを感じる内観となっている。

リビング奥には小上がりの和室。

南側は幹線道路となる国道に面しているため、視線を遮る木格子を設けた。また床レベルより一段上げ、下部は物入れの引き出しとした。

リビングの東側の窓からは寝室前に造られたウッドデッキとシマトネリコの木が…。

寝室の大開口からはウッドデッキとシマトネリコを正面に見ることができる。内側に向かって開くことにより、視線を遮りながら開放的な間取りとなっている。

PAGE TOP