夏の暑さの原因のほとんどは〇〇!その対策は?

毎日暑い日が続きますが、皆さん体調は崩されていませんか? 
今回は室内に入り込む夏の暑さの原因とその対策について解説いたします。

■夏の暑さの74%が窓から入ってくる!

(画像出典:YKKAP)

夏は冷房をつけていないと過ごせないくらいの室温になりますが、この暑さはどこから入ってくるかご存知でしょうか? 熱は窓やドアなどの開口部だけではなく、屋根や床、外壁などからも入ってきます。なかでも74%とほとんどの暑さは窓から入ってくるんです。

カーテンやブラインドなど室内側から熱を遮ることも出来ますが、既に室内に侵入した熱がカーテンと窓の隙間にこもってしまい、暑さの原因となってしまいます。カーテンをしていない箇所は日射が差し込み、床や壁などの日焼けにも繋がるのもマイナスポイントです。

そのため室内の暑さ対策をするためには、窓の外から熱を遮ることが重要で効果的な方法になります。

■窓の外から熱を遮るオススメの方法は?

(画像出典:YKKAP)

窓の外から日射を遮る方法はいくつかあります。日本では古くから窓の外にすだれやよしずを掛けて、外から差し込む日射を凌いでいました。へちまを用いたグリーンカーテンも同じような原理です。

しかし、すだれやグリーンカーテンは見た目が気になる方も多いですよね。そこでオススメなのが外付けのシェードのような後付け商品です。必要な時だけシェードを引き出して使うため、外観も損ないませんし収納にも困りません。効率よく窓の外から日射をシャットアウトするにはぴったりの商品です。

しかし当社ではこのような後付けの商品を使わずとも、日射コントロールができる仕組みを住まいに取り入れています。続きは次回のブログで詳しくお話いたします。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP