本多工務店で採用している床材のはなし

おうちの部位の中でも面積が広く、色や質感が変わるだけで全くおうちの印象が変わる大事な部位。皆さんはどこのことか想像つきますか? そうです、床材です。今回は私たちの普段採用する床材についてのお話です。

■複合フローリングとは?

本多工務店では「複合フローリング」を用いて家づくりを行います。複合フローリングとは、合板を貼り合わせた下地材の表面に天然木やシートを貼り合わせたフローリングです。複合フローリングの中でも、表面材には天然木を薄くスライスしたものを合わせた突板フローリングを使用しています。

表面材には天然木を使用しているので、1ピースごとに木目の出方が異なります。無垢フローリングでなくとも、床に張った時には木の温かな表情を楽しむことができるんですよ。

■複合フローリングのメリットは?

フローリングには前述の複合フローリング、天然木をそのまま床材に加工した無垢フローリングの2種類があります。無垢フローリングは木の質感をダイレクトに感じられますが、キズが付きやすかったり、天然素材ゆえに反りや割れが稀に発生する場合もあります。

複合フローリングの場合は、表面材に加工が施されている場合が多いのでキズや汚れに強く、お手入れ性に優れています。下地材を貼り合わせた素材のため、反りや割れなども生じにくくなっています。お手入れ性に考慮しつつも、木の雰囲気を楽しみたい、という方には複合フローリングがぴったりです。

次回も引き続き床材のお話をお届けします。人気カラーはどの床でしょうか? 更新をお楽しみに。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP