ホール階段とリビング階段、どっちを選ぶ?

こんにちは♪本多工務店です!

二階建てのおうちを建てる際に大切なのが階段の配置。廊下に設けるホール階段と、リビングに設けるリビング階段のそれぞれのポイントを押さえて、自分たちのスタイルに合うものを選んでいきましょう!

■ホール階段のメリットとデメリットは?

ホール階段にすることで、外から各部屋に入りやすくなります。家族それぞれのプライバシーを保ちやすくはなりますが、子どもたちがリビングを通ることなく部屋に入れてしまうので、コミュニケーションが取りづらくなる可能性も。だからこそ、ホール階段にする場合は、リビングの近くに配置するのがポイントです。

■リビング階段のメリットとデメリットは?

リビング階段にすることで、家族が必ずリビングを通って各部屋に行くことになるため、コミュニケーションが取りやすくなります。また、家によっては1階と2階の空間が繋がるので、断熱・気密をきちんとしていれば冷暖房も少ない台数でまかなえちゃいます。

リビング階段にすることで、スケルトン階段を採用したり吹き抜けのつくりを工夫してみたり、色々とオリジナリティやおしゃれな雰囲気を出すことができるのも楽しいですよね♪

本多工務店のお客様では、どちらも同じくらい採用されています。それぞれのお客様の生活スタイルに応じて導入をしていますので、ぜひどんな生活を過ごしたいのかのイメージも含めてお話ください♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP