外張り断熱の弱点を克服!エアサイクル工法の強み

こんにちは♪本多工務店です。

家づくりをご検討されている皆さんの中には、「外張り断熱工法」などの断熱工法を一度は聞いたことがあるかもしれません。それぞれの断熱工法にはメリットデメリットがあるのですが、外張り断熱工法のデメリットを克服した工法がエアサイクル工法なんです♪

■そもそも外張り断熱工法とは?

外張り断熱工法とは、柱などの構造材も含めて外側に断熱材を貼る工法です。充填型の断熱に比べて断熱効果の落ちる場所が少ないのが特徴です。なぜなら、ボードで建物全体をすっぽり覆ってしまうので、断熱効率が良いから。まるで魔法瓶のようにおうち全体を包むので冬暖かく夏涼しい家ができあがります。しかし、外張り断熱工法でしっかり断熱した住宅は暑さや湿気がこもりやすいという弱点もあるのです。

■エアサイクル工法であれば、この弱点を克服できる♪

エアサイクル工法は外張り断熱工法を採用しながら、壁内に通気層を設けているので、夏場にこもりがちな屋内の湿気や暑さを適度に取り除いてくれます。これにより、外張り断熱工法の弱点をカバーし、高気密高断熱で年中快適なおうちを実現しています♪

エアサイクル工法を実現するために、数多くの専用部材などがありますので、今後詳細についてもご紹介していきたいと思います!お楽しみに♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP