地震に強い家をつくるために~耐震等級のお話~

こんにちは♪本多工務店です!
皆さんは「耐震等級」という言葉を知っていますか? 地震に強い家かどうかを判断する一つの基準となっていますので、ぜひ覚えておきましょう!

■耐震等級は3段階の基準があります♪

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で定められている地震に対する建物の強さを表す等級が「耐震等級」です。地震が起きたときに建物が倒壊しないか、損傷がおきないか、免震対策がされているか…などを総合的に判断して、地震に対する強さを表します。この耐震等級は1から3までの等級でわかれており、数字が大きくなればなるほど耐震性能が高くなります。

■耐震等級1から3の違いはどんな基準?

《耐震等級1》建築基準法に定められた基準。この基準を下回るおうちを建てることは原則できません。

《耐震等級2》耐震等級1の1.25倍の耐震性を誇る建物です。

《耐震等級3》耐震等級1の1.5倍の耐震性を誇る建物です。病院や警察署などはこの基準で建てられています。

本多工務店では、耐震等級3レベルのものを提供しており、自社内でその耐震性の計算などを行っています。自社内で行っているので、プランの軽微な変更などが起きた際に、スムーズに耐震性能が十分か見直すこともできちゃいます!地震に強い確かな家を提供しておりますので、皆様には長く安心して住んでいただきたいと思っています♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP