どっちがオススメ!?一つの大きな収納VS小さなたくさんの収納

こんにちは!本多工務店です。

家のプランを考えるときに、収納の配置や大きさをどうするかで迷うことってありますよね。そこでよくある質問が「一つの大きな収納と小さなたくさんの収納をつくるのでは、どちらがオススメですか?」というもの。この質問にお答えします!

■必要なところに大きな収納を設けるほうがオススメ!

ちょっとした収納を各部屋にたくさん設けるのも魅力的ですが、オススメは収納スペースとしてある程度場所を確保すること。隙間スペースを小さな収納として活用するのは効果的ですが、まとまった収納スペースを確保し、「ものをしまう場所」というのを明確に作るほうが、おうち全体もすっきりとした状態を保てるはずです♪

■特におススメなのは、ウォークスルークローゼット!

玄関周りの収納で今オススメなのが、ウォークスルークローゼットです。これは、普段出入りする玄関の横に、歩いて通り抜けることのできるシューズクローゼットを設けるというものです。そこにはお外に出かけるときに必要なコートや帽子、ちょっとした小物、アウトドア用品などもしまえるようになっていて、そこを通るだけでお出かけ準備ができてしまう!というスペース。しかもそこを通った先には家族専用の玄関入り口につながるので、常にお客様入り口を綺麗に保つことができちゃいます(*^^)v

■余裕のある方には、物置部屋をつくるのもオススメ!

十分な広さのある方や、将来のことを見越してお部屋を多く作る人には、一部屋を物置部屋にするのもオススメします。家族みんなのものを収納していける空間が一か所あるだけで、心のゆとりも変わってきますよ♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP