パッシブデザインを活かした、エアサイクル工法のおうち

こんにちは!本多工務店です。

皆さんは「パッシブデザイン」という言葉をご存知ですか? 新しい快適な住まいを実現する設計の考え方・方法として注目されています。ハートホーム長崎が取り入れているエアサイクル工法を活用することで、この「パッシブデザイン」の考え方に沿った家づくりも実現できます!

■パッシブデザインとは?

パッシブデザインというのは、エアコンなどの機械をできる限り使うことなく、太陽の光や熱、外からの風などの自然エネルギーを活用して、快適な住環境を実現しようとする考え方です。自然エネルギーを活用することにより、省エネでありながら快適な暮らしにつながります。

■エアサイクル工法は、パッシブデザインの考えにピッタリ!

エアサイクル工法の家は、床下と屋根の換気口を開け閉めすることで、建物内部の空気の流れを切り替えます。ダクトや換気扇などの電気設備を使うことなく、壁の中の空気を循環させることで、より快適な温熱環境を実現できるんです(*^^*)

■建物の力で、夏は涼しく冬は暖かく

日本の気候に合わせて柔軟に対応できる住宅が、エアサイクル工法のおうち。自然エネルギーを味方につけて、心地よく暮らせる良さがあります。家族の健康とおうちの健康を考えた工法が、エアサイクル工法です♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP