耐震等級3レベルの家が標準!そもそも耐震等級とは?

こんにちは!ハートホーム長崎です。

日本の家づくりでは、地震対策が必須です。耐震性能は皆さんとても気になるポイントかと思います。ハートホーム長崎のお家では、耐震等級3レベルを標準としており、地震に強い家を提供しているんですよ。

■耐震等級3の具体的なレベルは?

「耐震等級」とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称:品確法)」に定められている「地震に対する建物の強さを表す等級」のことをいいます。

「耐震等級」は1から3までの3段階で評価されており、数字が大きくなればなるほど建物の耐震性能が高いということがいえます。等級の段階といっても、皆さんピンと来ないですよね。それでは、簡単な具体例を交えながら一緒に見てみましょう^^

耐震等級1:「建築基準法」で定められた、地震に耐えることのできる建物。阪神淡路大震災規模の震度6~7の地震で倒壊をしないのが基準となってはいますが、損傷を受けてしまう可能性が十分にあります。

耐震等級2:耐震等級1の1.25倍の耐震性を誇る建物です。避難所に指定されるような学校や病院などの公共の建物は耐震等級2以上の強度をもつことが必須とされています。

耐震等級3:耐震等級1の1.5倍の耐震性を誇る建物。病院や警察署などの災害時に救護に当たれる場所の基準と同レベルです。震度7の揺れが2回連続で起こった熊本地震にも耐えられるほどの強さであるといわれています。

■ハートホーム長崎では、地震対策・構造の計算を丁寧に実施しています

耐震等級3レベルの家づくりを標準としている当社では、きちんと設計の段階で地震対策に関する計算をきちんと行っています。長期優良住宅等を考えられている方もご相談いただけますと、併せて対応いたしますので、お気軽にご相談いただければと思います♪

関連記事

最近の記事

PAGE TOP