建てた後が大切!大事なアフターサービスのはなし

こんにちは!ハートホーム長崎です。

家づくりは建てるときだけでなく、建てた後のサポート体制がとても大切だと当社は考えています。もちろんプランニングなども重要ではあるのですが、お引き渡しをしてから数十年とその家に住み続けるからこそ、その後のことを大切にしたいと思っています。

■アフターサービスは、家の健康診断です

ハートホーム長崎は、お引き渡し後に半年、1年、それ以降は毎年点検を行っています。人も毎年きちんと医療機関で健康診断を受けますよね。自分たちでは日頃気づくことのできない病気について事前に防ぐために行っていると思います。家でも同じように、定期的に住んでいる人ではなかなか気づけないポイントを、専門的な目線から確かめる大切な診断こそが、お家のアフターサービスとなります。

■ハートホーム長崎のアフターサービスは…?

まず、お引き渡しから1年目から4年目までは目視の点検、床下の点検を主に行います。その他にも、住んでいて気になるところなどを伺って、その原因を見つけて対策を行います。住み始めて床下のこと、すっかり忘れてしまってはいませんか?定期点検時にはスタッフが床下に潜って点検しているんですよ♪ 多くの方が心配される「シロアリ」の有無や、お施主様がつい見落としがちなところまで、確認させていただきます。その対策もきちんと行っていますので安心してください(*^^)v

■こんなことでもお気軽にお申し付けください♪

例えば、玄関のポーチにあるタイルが自然と一枚外れてしまったのを教えていただいたというケース。実はこれを放っておくと、傷が少しずつ広がってしまってどんどん見た目が悪くなってしまうのです。また、お家の性能にかかわる痛みになることもありますので、皆様には「どんなに細かい痛みでも、すぐに言ってくださいね!」とお伝えしています。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP