ハートホーム長崎の代表、本多勝雄です!

こんにちは!ハートホーム長崎です。
今回は、社長の本多が家づくりに携わるきっかけや、今の想いをご紹介してまいります。

もともと父が「有限会社本多工務店」として住宅の仕事に携わっていたため、幼少期より家づくりに関係する仕事に就きたいと思っていました。

できる限り現場に近い環境で、設計・施工・営業・事務とそれぞれと身近に接することができ、大きな仕事にも携わることができるような会社で仕事がしたいと考え、大学卒業後は株式会社佐藤秀工務店(現:株式会社佐藤秀)に入社。

オフィスや店舗、医療福祉施設や寺社仏閣などの大型物件から注文住宅までを幅広く扱う老舗の建築会社です。とても良い会社で、入社3年目には東京で様々な現場の現場監督として多くの経験をさせてもらいました。

そのうえで、昔から地元の家づくりに携わってみたいという想いもありましたので、実家の家業を継ぐ形で、ハートホーム長崎として事業をスタートさせました。

お客様と世界に一つだけのオリジナルのプランを考え、図面を書いて、現場の管理までできることが非常に楽しい、というのが今の率直な気持ちです。

勤め人だったときは大型物件がほとんどで、他の人が書いた図面に携わることがほとんどでしたから。お客様と一緒に考え、それが形になる過程を今はとても楽しんでいます。

これまでの経験や、父の代から培ってきたノウハウを活かしながら、より良い住宅を地域の皆様に提供できればという想いで、日々仕事に取り組んでいます。これからも雲仙・諫早を中心に長崎の家づくりに真摯に向き合ってまいりますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP