照明の点灯に工夫してみたら

以前は部屋の照明と言ったら全般照明でシーリングライトやペンダントライトを一灯のみっていうのが多かったのですが、最近はダウンライトを主照明にすることが多くなりました。

ちょっと暗い雰囲気(ホテルの客室くらい)が好きな私・・・約18畳ほどの我が家のLDKなのですが普段はダイニングテーブル上のペンダントライト2灯のみで生活しています。

私の留守中、家族は全ての照明を煌々とつけておりますので、きっと私は普通ではないのでしょう・・・(笑)

そんな私が照明計画するとき、ちょっと暗く(それでも私には明るい)する雰囲気をつくるために・・・

半分点灯
全点灯

こんな点灯方法にしています。

普通は列ごと、ブロックごとに点灯されるようですが、ジグザグに点灯させることで全般的な明るさを調整することができます。

調光式を採用される方も多いとは思いますが、普通の住宅でそんなにしょっちゅう明るさを変化させる方はいないのではないでしょうか?

スイッチも照明器具もコストアップしますし、なんとなくおしゃれじゃない気がしてお客様から特別要望されない限りはこの方法です。

やっぱり私変わってるのかなー?(笑)

関連記事

  1. 東京マラソン2020
  2. 川床町地鎮祭
  3. 木造建築のすすめ
  4. 棟上げドローン画像

最近の記事

  1. 坂茂建築邸
  2. 川床町地鎮祭
  3. 木のある暮らし
  4. 照明点灯方法
PAGE TOP