現在の住宅ローン検討

昨日は、我が家の住宅ローン借り換えについて検討しましたが、ついでにこれから住宅ローンを組む場合について、弊社でご紹介できる金融機関の金利で検討してみました。

シュミレーション条件

【フラット35の場合】
●借入金額 2500万円 
●金利    1.8%(全期間固定金利)

【民間金融機関】
●借入金額 2500万円
●金利    当初10年間 1.3% 11年目以降 2.3%

上記条件は11年目以降金利上昇があると仮定してます。

この条件で試算すると・・・

当初支払額は民間金融機関が6000円程有利ですが、11年目以降に金利が上昇したとすると総支払額ではフラット35が15万円程安くなります。

ただし、金利が思ったほど高くならず、1.8%程度までしか上がらなかったと想定すると、今度は逆転し、民間金融機関のほうが124万円程安くなります。

史上最低金利に近づく今の状況下、今後金利は上昇すると考えるのがベストなのかもしれません。が、、、どの程度上がるのかはてなマークを正確に予想できる専門家は絶対におりません。

ここは『えいやっビックリマーク』の感覚で決定せざるを得ません。

ただ、やみくもに『えいやっビックリマーク』するのではなく、色々な状況を頭の中に叩き込み、野生の勘で『えいやっビックリマーク』しなきゃいけません。

私はみなさんを『おりゃ!!』と後押しできる情報をかき集めておきますパー

関連記事

最近の記事

PAGE TOP