防蟻処理・・・

住宅で最も怖い敵・・・シロアリ

どんなに強い構造体をつくっても、蟻害にあった建物ではその力を十分に出すことはできません。

その為、新築工事前には防蟻対策として土壌処理、構造体には防蟻塗料などの対策をやります。

ただ、、、虫を寄せ付けないもの、虫に害があるものといった薬剤にはかなり強い化学薬品が使用されており、種類によっては(人体に悪影響があるため)既に使用を禁止されているものさえあります。

また、現在土壌処理をする薬剤でも地下水汚染も懸念されております。

さらに床下に人体にも影響のある防蟻材が使用されていたら・・・汗

弊社ではこの度、自然系防蟻材である、炭を使った防蟻剤を使用することとしました。

もちろん人体には全く影響なしビックリマーク(これは私が舐めて実証済み(^_^;) 感想・・・まずいのでお勧めできません・・・)

通常、防蟻業者に任せていた防蟻処理ですが、弊社では管理技術者を養成、自社工事として処理を行うことが可能となりました。

もちろん保証と賠償責任保険も付きます。

こうすることで、お客様顔見知りの弊社技術者による定期点検(一年に一度の床下点検を含む)で、一括してメンテナンスを行うことができます。(通常はシロアリ業者とお客様の契約)

安心の住まいづくり-rojm3qio
土壌処理の様子。建物の周囲に規定量を散布

安心の住まいづくり-kyzlbkt5
基礎の内側前面には炭色の防蟻剤塗布。(床下の調湿効果もビックリマーク

安心の住まいづくり-bougi
もちろん檜土台、大引にも塗布ビックリマーク(防腐効果もあり!!

この様に見て明らかにわかると言うのがポイントです。誰が見ても塗残しがはっきりとしますので、施工を確実に行うことができます。

弊社では今後全ての現場(もちろんリフォームでも)で標準施工とさせていただきます。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP