PTA

色々と紆余曲折、何かと事件が多く起こりましたが、、、

ついに私にPTAの役職なるものが廻ってきました・・・。

私は『子供の教育に関しては学校の先生に任せとけば良い派』で、『学校教育に親が出て行って良いことはない!』と本気で思おうとしていた、ただの面倒臭がり屋さんです・・・(-_-;)

親の責務としては色々な経験をさせてあげる事と、『やるからには何でも一番』との教育方針です。

未だにPTAの役目と言うものを理解しておりません。

そんな私に一体何ができるのか?とりあえず依頼されたものは受けなければ・・・という使命感のみです。

まぁ、、、こんなこと言いながら、入ってしまえば何かと口出し手出ししてしまう性分なのですが・・・。

うちの子供たちが通う学校は、少子高齢化が極端に進んだ学校で、全校生徒は40人位?

2年生の息子の同級生は6人、5年生の娘は7人の複式学級だったかな?

同級生が多かった自分の時代から考えても、そこそこの成績で進学校に進み、いきなり400人を超える同級生がいる高校へ・・・。

中学校までそこそこだったので『意気揚々』と高校へ入学したのですが、入学時は中盤、、、

それにショックを受けて勉強嫌いに・・・。

自分の競争力のなさにびっくりした思い出があります。

できれば自分の子供達にそんな思いをさせたくないと、ホント様々な経験を多くつませております。

しかしそれも親の目の届く範囲の話で、果たしてそんな教育方法で良いのか・・・?

PTAに入るに当り、初めてこんな事を考えています。

さて、これから理事会?です・・・。

とりあえず、イッテキマース=========”└|∵|┐

関連記事

最近の記事

PAGE TOP