温暖化ガス削減排出量取引

今日の新聞で参加企業の募集を始めたとの事です。

イマイチ理解はできないのですが、企業が目標を自主設定し、省エネで減らした分の排出量枠を売り買いできるもの・・・?って事でしょうか。

ここにはおそらくブローカーみたいな役目も登場して新たなビジネスの誕生・・・と言った話になるのでしょうか・・・。

さて、、、私が着目してるのはそんなことではなく、、、あせる

温暖化ガス削減に置いて、産業面では非常に日本は進んでいるが、我々の普段の生活、民生部門では未だ増加の一途であるという点。

国が最も頭を痛めている部分だと思います。

近い将来、環境税などと言った物が創設され、民生部門にも影響が出てくるのではないか?と思っております。

住宅の場合、単純に断熱材の厚さで建物本体の省エネ度が計られたり、ニューエネルギー(例えば太陽光発電)の分野で計られたり・・・と言った状況になるのが目に見えているような・・・。

この辺は今後の動向を注目しなければいけませんが、これから住宅の新築、リフォームを考える場合、住宅の温熱環境を良く考えていなければならないと思います。

ここからは営業モード・・・

弊社ではもちろん『エアサイクルの家』でこれに対応します。

屋根は『シャルーフ』、外壁はCmボード(35mm・45mm)。

エアサイクルの良い点は、ある程度予算に合わせて資材を選べるという点。

また間取り等によっての工夫も可能です。

是非一度ご相談ください。

寒い雲仙でも、また普通に熱い他所でも、非常に満足度の高い工法です!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP