金利見直しの時期・・・

3年前に新築した『諫早ハウス』。

フラット35と●ずほ銀行の民間ローンを合わせてローンを組んでおります。

当時、タイミングの良いことに、フラットはちょうど金利が下がったところの2.7%にて実行・・・。

●ずほの方は期間選択で3年を選択の1.何%(正確には忘れました・・・あせる

で、、、●ずほのローンの金利見直しが今年12月。

景気の先行き不安はよくないのですが、、、金利は下降傾向。

個人的には『ホッ・・・』とする気持ちも若干・・・

非常に不安定な情勢ではありますが、今後もしばらくはローン金利は低迷することは確実です。

さらに景気浮揚対策として、住宅ローン金利・住宅税制等、様々な政策が盛り込まれる社会情勢です。

無計画に飛びつくのは危険ですが、長年温めてきた計画を実行するには非常に有利な時期が目の前に来ております。

衆議院解散が月内にささやかれる中でありますので、今月の政情には住宅業界も注目しております。

関連記事

最近の記事

  1. ヴィトーーーリア―!

    2020.12.5

    大詰め!
  2. 照度計
PAGE TOP